大学まで出て英語が話せないわけとは

私達日本人は、中学、高校、大学までずっと、英語の勉強を重ねてきたはずです。最近は小学校の授業でも取り上げられるようになりました。

 

それなのに大人になっても英語が話せない、それは何故なのか?・・・きっと、それは日本人のシャイな国民性がスキルアップの妨げになっているのではないか?と思うのです。

 

道行く人々同士が気軽に挨拶をする姿がよく見受けられるアメリカに対して、日本では同じ住宅街に住む者同士でさえ、挨拶をしないような内気な人たちがいます。「こんにちは!」と、声をかけてみたところで、相手から「誰だろう?このひと」と、いぶかし気な顔をされるのではないか?そんなことを考えているのかも知れません。

 

そんな人間がアメリカに行ったらどうなるでしょう?益々内気になって殻に閉じこもってしまうのではないでしょうか。意志の疎通が本当に必要になった時でさえ、「文法が間違っていたら、発音がおかしかったら、笑われるのではないだろうか?」など、余計なことを考えて、一歩踏み込めないシャイな性格、これが日本人を英語アレルギーにしているのではないだろうかと思のです。


このページの先頭へ戻る