IT系企業の現場と英語力

大学を卒業してIT系の企業に就職してしばらくして分かったことなのですが、現代はやはり就職前に英語に対してもっと積極的に取り組んでいかなければならない時代なのだと、確信しました。

 

簡単に言ってしまうと、例えばプログラマーやシステムエンジニアなどのよくあるIT系の職業に就いた時、英語が全く分からないでは話にならない場面が増えて来たのです。

 

これはもしかすると私が就職する以前からそうだったのかもしれませんが、少し上の世代の人達は自分達よりも特に英語を必要としていたようには思えませんし、あながち間違った予想ではないと思います。

 

仕事に関わる最も新しい情報は、基本的に海外からやって来ます。マニュアルも英語しかないということも、現場ではざらにあることです。

 

こうした企業で働いている人の生の声を英語教育に携わっている人達はもっとしっかりと捉えた上で、これからの英語教育を考えて行って欲しいと思っています。


このページの先頭へ戻る